過払い金返還請求をすれば信用情報にキズがつくのか

過払い金請求と債務整理の任意整理を明確に区別しておかないと、大きなデメリットを被る可能性があります。

どちらも取引履歴を取り寄せて、金利の引き直し計算を行うのですが、その結果によってもたらされる影響が大きく異なります。
借金を既に完済している状況で払い過ぎた利息を取り戻す場合は、当然ながら過払い金請求となります。

しかし借金を返済中に金利の引き直し計算を行った場合は、その結果債務が残ったか否かによって判断が分かれます。

もし金利の引き直し計算を行って払い過ぎていた利息を残債に充当して、結果的に債務が全て無くなった場合は過払い金請求の手続きとなります。

過払い金請求にアクセスしてください。

しかし払い過ぎていた利息を債務の返済に充当したけれど残債が残ってしまった場合は、任意整理を行ったことになってしまいます。
なぜなら、債務が依然として残っていますので、払い過ぎていることにはならない為です。

Ameba Newsについて気になる方はこちらです。

もし任意整理を行ったと判断されれば信用情報に事故情報が記録されてしまいます。


記録は5年間ほど残りますので、その間は新たに融資を受けたり、クレジットカードを作ったりすることが出来ません。


過払い金返還手続きの場合は、信用情報にキズが付くことはありません。



ただし返還請求の交渉が成立するまでは、事故情報が記録されるケースもありますが、交渉が成立すれば記録は抹消されます。

このように同じ手続きを行ったとしても、それによってもたらされる結果が大きく異なります。

出来る限り信用情報はキズ付けないことが大切ですので、弁護士や司法書士と相談しながら慎重に行うことが必要です。