過払い金の返還請求をするときに注意するべきこと

近年の社会では、消費者金融などと取引を行ったことのある人が、過払い金の返還請求をすることが話題になっています。


元々貸金業法が改正される前までは、利息制限法で規定されている金利の他に出資法による上限金利で融資を行っていた金融業者が数多くありました。



法律が改正されたことによって、利息制限法で定められている上限金利で統一されることになり、それ以前までの出資法の上限金利との間で存在していたグレーゾーン金利について禁止する流れとなりました。

アイフルの過払い金関連情報を紹介しています。

グレーゾーン金利が廃止されたことによって、債務者は利息制限法の上限金利に基づいて再計算を行うことで、出資法の範囲内で支払ってきた金利分は不当利得として返還できるようになったわけです。
このような理由によって、過払い金返還請求を行うことで払いすぎている利息分を取り戻すことが可能なわけですが、知っておくべきこともいくつかあります。


過払い金の返還請求には、完済してから10年間の消滅時効があることから、10年以内に返還請求を行う必要があります。

また、過払い金の返還請求を行うときには、弁護士や司法書士に依頼する人が多いと考えられますが、中には取り戻せる金額を詐取する悪質な法律家もいることから、身長に依頼先を検討することも大切になります。

エキサイトニュースの情報が詰まったサイトです。

そしてプロの法律家に依頼するときには、着手金や成功報酬を支払わなければなりませんので、どの程度の費用がかかるのかあらかじめ確認しておくことがおすすめです。